結露の原因と対策方法

結露の原因と対策方法

人々を悩ませる結露ですが、冬や梅雨によく生じる結露は、放っておくと、家屋や人体の健康にに悪影響を与えることもあります。この文章ではそのような結露の原因と、解決策を説明していきます。
そもそも、結露の原因とは、室内の温度と屋外の温度の差です。空気に含むことができる水蒸気の量というのは、温度によって変わります。温度が高ければ高いほど、空気に含むことができる水蒸気の量が多くなります。冬に暖房をつけると、家の中の暖かい空気が、窓の近くにたまっているときに、外の冷たい空気によって冷やされるため、空気に含むことができる水蒸気の量が一気に少なくなり、含み切れなくなった水蒸気が水滴となって窓につきます。これが結露です。
結露を放っておくと、カビが発生することがあるため、何かしらの対策をする必要があります。その方法はいくつがあります。例えば、除湿器や除湿グッズで部屋の中の湿度を下げることが有効です。窓ガラスに結露シートを貼ったり、結露防止のスプレーを吹いたりすることもまた有効です。さらに、こまめな換気で、そもそも結露を発生させないという方法は、お手軽で効果的な対策方法です。手間がかかってもいいならば、結露が発生したあと、その結露をこまめに拭き取るという方法で、結露による悪影響を防ぐことはできます。少々、お金かかりますが、窓ガラスを結露しにくいガラスにリフォームするという方法もあります。
結露の原因と、その対策方法を説明してきました。結露は家にも健康にも悪いものであるため、積極的に対策するべきです。