静岡茶の魅力と歴史

静岡茶の魅力と歴史

静岡で有名なのは、お茶です。
では、なぜ有名になるほどに、静岡ではお茶が作られたのか。その秘密は、静岡の気候にあります。静岡は温暖な気候で、亜熱帯でよく育つお茶にとっては非常に適した気候なのです。また、牧之原台地、天竜川などの地域は、地形環境がお茶の栽培に向いているため、それぞれの場所において特徴的なお茶が生産されていて、静岡の茶生産地としてのブランドを高めています。
静岡茶の大きな特徴は、深蒸し茶であるということです。他の蒸し方に比べて粉が多くなるため、粉っぽく、あまり高級に見えないかもしれませんが、実はこの粉っぽい、細かい茶葉こそ静岡茶の美味しさの秘訣になっているのです。また、甘く、かつ濃厚な渋みを持つのが特徴であるやぶきた茶は、静岡の茶を日本全国に知らしめた立役者と言えます。
そもそも、お茶というものはどのように生まれたのか。
お茶の発祥地は中国だと言われていますが、日本に伝わったのは奈良時代です。空海や最澄などが中国からお茶の木を持って帰ったのが最初と言われています。
そこから時代は過ぎ、明治時代に静岡の牧之原を開拓して茶園が作られました。そして、アメリカに輸出できるほどのクオリティの高いお茶が作られるようになりました。そこから、静岡は日本一のお茶の生産地となりました。
静岡のお茶の魅力と、その歴史について説明しました。静岡の高級なお茶を人生で一度は飲んでみたいものです。