ペットと快適な暮らしをするために

ペットと快適な暮らしをするために

ペットを飼いたいという方はたくさんいらっしゃいます。
内閣府が行った動物愛護に関する世論調査によると、全世帯の1/3以上がペットと暮らしているのです。

しかし、世の中にはペット禁止のアパートやマンションがたくさんあります。
また、昔は飼い猫でも自由に外出させる飼い方が主流でしたが、最近は交通事故や感染症から守るため、室内で飼うことが主流になっています。

そのため、ペットと一緒に暮らす住まいを選ぶこと、そして作ることが重要になっています。
ペットと一緒に暮らすことを考えるとき、特に気をつけてほしいのが床と壁です。たとえば、実は、フローリングの床は、犬にとってはあまり良くありません。なぜなら、犬は肉球を床に接して歩くのですが、フローリングはツルツルしていて肉球が滑りやすいため、怪我をしやすいです。また、たとえば、猫は壁で爪とぎをするため、そのままの壁だとすぐに傷まみれになります。ひっかき傷を防止するシートを壁につけると部屋の景観をきれいに保てます。

また、ペットの背の高さは人間とは違うため、人間にとっては平気な温度でも、ペットにとっては暑かったり寒かったりします。人間はまったく平気でも、犬が熱中症になってしまうことがあります。また、猫は寒がりであるため、人間が平気な温度でも体を冷やしてしまうことがあります。そうならないように気をつけることが大切です。

ペットと暮らすことを考える際に、最も重要なことは、ペットの気持ちになって考えることです。人間にとってではなく、ペットにとって快適な住まいとはどのようなものか、常に考えることが大切です。