賃金の支払いの注意点

30分の遅刻をしたからと言って午前中の賃金をカットするなどの時間以上の減額は違法にあたります。また、試用期間にあたる期間でも、最低賃金を下回る金額を定めることは禁止されています。社員と多少の差があるのは仕方がないですが、求人を出した段階でしっかりと明記をする必要があるので、注意が必要です。 他にも、裁判員に選ばれた場合の賃金も確保をしなければならない場合や、天気の問題やインフルエンザの可能性がある場合などに雇用主が休むように言って、無理に出社を控えさせた場合も「使用者の責任ではない休み」にあたるので、賃金の支払いが必要になってきます。このように特別な場合が起こってくることも多いので、賃金支払いの有無については違反にならないようしっかりと確認しましょう。