応募が来ない理由

厚生労働省が調べたところによると、ある年度のパートタイム募集の有効な求人倍率は約2倍であった。ここであげた数値は調査がはじまってから、断続的ではあるものの上向きに伸び続けているようだ。

バブル期の水準も超えており、この後の未来も上向きの進行は続くのではないかと思われている。お店や会社としては以前にも増して、働きたいと思ってもらうために、一層の努力が必要である。それでは、どうすれば他のお店や会社に埋もれないで優れた人材を採用することができるのであろうか。募集してもなかなか応募がこない要因は、有効求人倍率が上向きになったこともあるだろう。

求人サイト制作や求人広告制作を行う上でも忘れてはいけないのは、現在は、アルバイトやパートの採用のが難しい時代といわれていることだろう。