一般的な多言語を卓越したマルチリンガルエンジニアが在籍する会社があります

日本国内では3か国語程度をマスターしている方は、十分に多言語化している人物というポジションが多い傾向にあります。海外では3か国語だけではなく4か国、5か国など不自由なく会話ができる方が多い傾向にあり、最新の事情では国内でもマルチリンガルエンジニアとして活躍をしている方も実在しています。

通常は5か国語以上をマスターしている方が該当をしているのですが、国内企業の中にはマルチリンガルエンジニアをスタッフとして採用をして、必要と感じる企業等に対して派遣を行うことを業務内容にしている企業があります。

通訳の仕事だけではなく翻訳の仕事でも難なくこなす優秀なスタッフが在籍している企業では、昨今のグローバル化や先進国へのアプローチだけではなく、新興国が増えている現状にビジネスという観点から依頼する会社にとっては貴重な存在ではないでしょうか。