質の良い睡眠をとるための住まい作り

質の良い睡眠をとるための住まい作り

ちゃんと寝たはずなのに疲れが取れない、疲れが取れるような質の良い睡眠をとりたいという方はたくさんいらっしゃいます。そこで、この文章では、質の良い睡眠の取り方を紹介します。

そもそも、睡眠のメカニズムとはどのようなものなのか。
人は眠っているあいだ、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は眠りの浅いもので、ノンレム睡眠は眠りの深いものです。ノンレム睡眠が一般的に質の良い睡眠になります。
質の良い睡眠をとるためには、どのようなにすればいいのか。そもそも、ストレスを抱えた状態では、質の良い睡眠を取ることは難しいです。日頃からストレスをなくすために、仕事や家事が終わったらくつろいでリラックスしたり、軽い運動をしたりして、ストレスをなくすことが大切です。

その上で、寝室作りは重要なものになってきます。広さや温度、光や音が不快なものだと質の良い睡眠をとることができません。しかし、快か不快かというのは人によって異なるため、自分で試行錯誤しながらリラックスできる空間を作ることが重要です。壁紙、インテリア、カーテンの色、エアコンの風の向きなどを考えてベッドを配置したり、寝具を自分に合ったものにすると、快適な睡眠につながります。

質の良い睡眠を取るためには住まいづくりが重要です。睡眠は人生の1/4から1/3を占めるものですから、できるだけ快適にすれば、より濃密で幸福な人生を送れます。